kazu_1995’s diary

北の高専→大学生→院生のブログ

電子部品商社・Mouserの注文で失敗したお話

金曜日夜。 DigiKeyでは扱いがない部品を注文しようと,人生初めてMouserで発注を行いました。 米国に倉庫があり,時差を考えると即日発送してくれるだろうと思ったのが大失敗。 月曜日に出荷後,関税で1日余計に費やし,実際に部品が到着したのは注文からちょうど1週間後の金曜日でした。

そこでMouserについて調べてみたので,記事にしたいと思います。

Mouserの注文締切時間

Mouserの注文は,日本時間平日17時~18時頃が注文締切とのこと。 必ずMouser日本を経由してMouser本社に発注が飛ばされるので,日本の夜や休日には発注処理されません。

Mouserの配送方法

標準設定の日本円(JPY)で注文すると,Mouser日本がMouser本社にまとめて発注・輸入を行った後に個別配送という段取りとなります。 結果,一括で通関手続きを行うため通関での遅れが発生することもあります (現に1日通関で止まりました)。 また,否応なしにUPS(エクスプレス発送)での発送です。

配送業者を変更したい

日本円(JPY)を米ドル(USD)に変更すると,注文自体はMouser日本を経由しますが,自分自身が荷受人となります。 そのため,部品代金が総額10,000円を超えた場合,消費税,通関手数料の支払い*1を自ら行う必要があります。

しかし,FedExやDHLを選択できるようになります。 これで一括通関による関税での遅れを回避できますし,自分が好きな(受け取りやすい)運送業者で配達を依頼できます。

f:id:kazu_1995:20190608230349p:plain
通貨変更の位置
f:id:kazu_1995:20190608230354p:plain
様々な配送方法が選択できるようになる

消費税手続きの方法

普段使うDigiKeyでは消費税も一括処理なため,少し調べてみました。

後日請求書払い。 個人輸入では,税額10,000円以上で事前支払いが必要になる場合があり。クレジット払い可能。 フェデックス・アカウントがあると手間が減る,かも。 FedExが立て替えることによる手数料は500円または立替額の2%のいずれか大きい方の金額。

[参考]
https://ask.fedex.com/help/jp-jp/accounts-payments/import-prepayment
https://ask.fedex.com/help/jp-jp/accounts-payments/duties-admin-fee

  • DHLの場合

配送時払い。 こちらもDHLアカウントがあると手間が減るらしい。 DHLが立て替えることによる手数料は 1,000円または立替額の2%のいずれか大きい方の金額。

*1:関税は電子部品が現在無税なので考慮していません